住宅改修ひとがしゅ一級建築士事務所

耐震診断・耐震補強 尼崎市

耐震診断・耐震補強

耐震診断・耐震補強で安心て住まい続けられる住宅に耐震診断・耐震補強

もしもまた大地震がおこったら…。
日本では大震災を経るごとに建築基準法を改正し耐震性を強化してきました。
ご自宅を建てた年度によっては現行の耐震基準を満たしていないかもしれません。
自宅の倒壊から命を守るために、建築士による耐震診断をおすすめします。

建築年度で耐震性チェック建築年度で耐震性チェック

ひとがしゅの耐震診断・耐震補強ひとがしゅの耐震診断・耐震補強

ご自宅の耐震強度に不安がある、住宅を購入したが自宅の耐震性がわからないなどのご相談をお受けしております。まずはお気軽にお電話ください。
ご自宅に建築士が伺い、調査・診断を行ないます。基礎、壁量、壁配置のバランス、筋交い、接合部の仕様などからご自宅の耐震性の判断基準として「評点」を割り出します。屋根、床下、劣化状況も合わせて調査します。
(評点により、地震によって家屋がどの程度の被害を受けるか予測することができます。 →評点による被害予測表はこちら)
●基礎に鉄筋が入っているかの調査 ●小屋裏のチェック ●基礎のひび割れ ●雨漏りによる木部の腐朽
補強工事をご提案いたします。家屋の倒壊をまぬがれ命を守るという観点から、「耐震評点1.0」以上をめざす耐震補強をおすすめしています。 
(評点1.0以上をめざす補強工事は公的補助が利用できる場合もあります。)
工事内容、お見積もり等にご納得いただいたのちに工事日程を調整させていただきます。

耐震補強工事例

<柱、梁、筋交いなどを金物で補強>

●火打梁を設置して水平方向の耐震性を補強 ●柱、梁、筋交いの接合部を金物で強化 ●基礎を新設し、ホールダウン金物で強力に補強

<構造用合板の耐力壁を増設>

●構造的に弱い場所を耐力壁に改修することで
耐震性をあげます。

<重い瓦屋根から地震に強い軽い屋根へのふき葺き替え>

葺き替え前 → 屋根を解体 → 新しい合板下地 →
防水シート設置 → 葺き替え完了

<基礎部分の補修・補強工事 >

●基礎施工前の状態
ひび割れや湿気などにより
コンクリートの劣化が見られます
下地処理及び・下塗り → アラミド繊維で補強 → 上塗り 完了

<リフォームを兼ねて耐震補強ができます>

●工事前の玄関 →
壁量の足りない玄関部分をリフォームします
基礎新設(配筋) → 基礎の上に土台を設置→
柱と耐力壁を新設 → 接合部分は金物で補強 →
    ●リフォーム後の玄関
もとの引き違い二枚扉のうち一枚分を耐力壁に改修して耐震強度をあげました。

住宅改修ひとがしゅ一級建築士事務所|兵庫県尼崎市塚口町3ー32ー4 レーベンス壱番館103
tel.06-6422-1414

▲ ページの先頭へ

画像2